台中二日間人文の旅  
台中二日間人文の旅

1日目



台中市内に着いたら、近郊の“心之芳庭”を薦めます。そちらは“薰衣草森林”(ラベンダーの森)の支店となり、あちこち巡って写真をとり、ついでに園内のレストランで昼ごはんを食べます(入園料:休日200元、平日100元)



"大坑地震公園 "。中に小学校の地震災害の跡を展示していて、見物甲斐があります。体力がよく人なら大坑步道9,10號を散歩したり、森の癒ししたりことができます。一時間くらい掛かります。



"大坑東東芋園 "。是非食べてみてください。しないなら無駄になってしまいます。



"紙箱王 "(段ポールキン)中に紙で作った作品を色々に展示しています。レストランでご飯を食べることもできます。


"逢甲夜市 " ホテルのチェックインしてから、暫く休んで、スポットの逢甲夜市 "へ行く勧めです。夜市に屋台がたくさん並んでいます。





"望高寮 "台中夜色を眺めるスポットですが、そちらは近郊に迫っているから、遅すぎると行かないほうがいいです。都会公園にも見えます。



2日目



"科博館"(国立自然科学博物館)植物園や芝生などがあって、それに市内にあるのが便利です。



"美術綠園道 "ここへ行かないと無駄になります。園内の道は違い特色な建築が並んでいます。それは全部で違いスタイルを持っているレストランで、是非行ってみてください。

"虹の村"インターネットに人気があるスポットですが、見つけにくいです。大きくない所で、好奇心を持っている人に相応しいです。


コースのスケジュールに限るため、あるスッポトはプランを立てられません。興味にある人はスケジュールを変えて行きましょか。

東海芸術街 東海夜市 一中街 高美湿原 都会公園
台中二日間人文の旅照片

台中市サイクリングコース  
「台中市サイクリングコース」のご案内:

おすすめコース1:東峰公園 → 中興大学 → 健康公園 → 国立台湾美術館 → 文化センター → 国立自然科学博物館 → 中正公園 → 興進路 → 東光緑園道 → 東峰公園,総長21キロメートル。

おすすめコース2:中興大学緑園道 → 台中酒造所 → 繼光街 → 柳川 → 美術館緑園道 →〈コース1〉,総長3.5キロメートル。

おすすめコース3:文化センター → 梅川 → 育德路 →〈コース1〉,総長2.2キロメートル。

おすすめコース4:忠明緑園道 → 柳川 → 環中路 → 大坑風景区,総長14キロメートル。

「台中市サイクリングコース」太原駅から出発して、列車と競走する楽しみを享受します。道中日傘のように日光をしっかりと遮る黒板の木、小葉欖仁があって、台湾のモクゲンジの木、阿勃 も合い争って変遷に行ってショーを詰めることを彫って、この段は自分で車道の設置は園道の緑の帯の内で、緑のイタリアは満ちあふれて、楽しみの非常に安全 で、心地良い騎乗する空間です。
道中黒板の木、小葉欖仁があって、台湾のモクゲンジの木、阿勃は合い争って変遷に行ってショーを詰めることを彫って、緑のイタリアは満ちあふれて、楽しみの非常に安全で、心地良い騎乗する空間です。太原駅から出発して、向かって大いに景勝地を陥れる「中部の陽明山」称のがあって、道中景色が心地良くて、この道路の傾斜度の変化はわりに大きくて、自転 車に属して級のルートに挑戦するので、必ず良好な体力と耐久力があるなくてはならなくて、その他に騎乗してできるだけ変速の機能の自転車を備える方がよく て、便利さは気楽に坂を登ります。汗のしたたり落ちる自転車の挑戦を享受します!
体力がよく人なら大坑風景区を散歩したり、森の癒ししたりことができます。
大坑風景区:大いに10本の登山の歩の道を陥れて、難度はそれぞれ異なっていて、道中景色は途切れなくて、歩の言う健康の行に来ます。アウトドア体験をしよう:ゴルフ場は竿、中正の露營區のあぶり肉、体の能力の訓練を振って、および各体験の活動、例えば:植物の手が染めます、米が学習を食べます、果実、手工芸の竹で編んだものなどを採取します、大きい穴の人文の故郷の人情風土を体験します。

台中市は良好でしかも整っていること自分で車道の騎乗システムを持って、気候の喜ぶ人を足して、とても適する騎乗の自転車。広いのは自分で車道、木陰、そよ風は伴って、都市の騒ぎ立てることを脳の後で投げます。
詳細はこちら... 台中市サイクリングコース照片

台中
-